どんな道具を使うの?

浮きについて
「浮き」は、魚の「アタリ」をとるのが、主な役割。  時代とともに 釣り方にも工夫がなされ、 役割に応じて形や大きさはいろいろ。
 
当然、呼び方も たくさんあるよ。

丸い小さなタイプ(中央右より)を「タマ浮き」
棒状の浮き(下段中央)を「棒浮き」
棒状で上部が細い(下段右より) 「へら浮き」
夜釣りの為の(上段中央)「電気浮き」
磯釣りのための「ドングリ浮き」「水中浮き」「天狗浮き」
鮎やハヤ釣りなどに使う「唐辛子浮き」
その他 「飛ばし浮き」「シモリウキ」
などなど・・・
 
釣り方に応じて使い分けが大事だよ。
 
釣りマメ知識 
浮きの基本形ともいえる 「タマ浮き」 と
「棒浮き」 はどうちがうのか? 
 
タマ浮き は 浮力が強く また 水面から出ている部分が少ないので、風に流されにくい などという特徴があります。
 
一方棒浮きは、水中に引き込まれる時の
抵抗が少ないという特徴があります。
 
棒浮きの進化系の一つが「へら浮き」であり、抵抗が一番少ない究極の形 と言えるかも知れませんね。 
質問は 魚釣り教室 なにこれ? 教えてコーナー まで
Copyright(c) 2006 魚釣り教室 All rights reserved.
inserted by FC2 system