どんな道具を使うの?

オモリについて

「オモリ」は、「仕掛け」を沈めたり、
遠くへ 飛ばしたりするのが 主な役割だよ。
オモリといっても 沢山の 種類があるよ! いくつかを 紹介しょう。

まずは 「板オモリ」 フナ釣りや鯉釣り に使うことが多いオモリ。
「チュ-インガム」を薄く(うすく)したしたような形で、ハサミで簡単に
切れ、自由に重さの調整が出来るよ。

管(かん)の付いた 「ナス型」、「六角型」、「胴付型(どうつきがた)」、「太鼓型(たいこがた)」 などは、ブッコミ釣りや 船釣りによく使われるよ。 

中心に糸を通せる 「中通し(なかどおし)オモリ」 や 割れが入っていて、糸をはさみ、噛んで押さえるようになっている 「ジンタン」や「割ビシ」「ガン玉(だま)」 などの種類があるんだ。

オモリは 仕掛け・釣り方で 使い分けよう!
 *参考(さんこう):オモリの写真(しゃしん) 

釣りマメ知識 
オモリの 単位(たんい)は 「号(ごう)」。
1号 = 一匁(いちもんめ) ≒ 3.75g。 
ちなみにジンタンも号を使うけれど 
1号≒0.4g 2号≒0.31g 3号≒0.25g・・・ 

割ビシは 極小≒0.2g 小小≒0.25g 小≒0.35g・・・ 
ガン玉は1/2B≒0.27g B≒0.55g 2B≒0.75g・・・ と
少し特殊な単位になっているよ。
 *くわしくはこのページが参考になるよ
質問は 魚釣り教室 なにこれ? 教えてコーナー まで
Copyright(c) 2006 魚釣り教室 All rights reserved.
inserted by FC2 system